非破壊検査のメリットは全数検査が可能であること

非破壊検査のメリットは全数検査が可能であること

非破壊検査のメリットは、全数検査が可能であることです。 今まではモノを壊して点検していた理由は、従来の検査手法では、モノの内部の状態を確認するためには、直接的にモノを切断したり、破壊したりする必要があったからです。例えば製造業の分野では、製品の品質や耐久性を確認するために、製品を切り取って試験を行ったり、破壊的なテストを行ったりすることが一般的でした。 しかし、非破壊の登場により、これらの手法を用いずにモノの内部を確認することが可能になりました。非破壊はX線や超音波、磁気探傷などの技術を活用して、モノの内部を非侵襲的に観察する手法です。これにより、製品や設備などの内部状態を損傷することなく点検することができます。 非破壊検査の最大のメリットは、全数検査が可能であることです。従来の破壊的な検査では、サンプルを一部抜き取って検査するため、全数の点検を行うことは難しかったのです。しかし非破壊検査はモノを傷つけずに内部を点検できるため、全ての製品や部品に対して点検を行うことが可能となります。 検査は、製品や設備の品質を均一に保ち、不良品や問題箇所を見逃すリスクを低減する効果があります。特に高品質を求められる産業分野や安全性が重視される分野において、非破壊検査のメリットは大きな意義を持ちます。

非破壊検査では調べるものを破壊することなくそのまま検査

非破壊検査とは、部品や構造物の内部に損傷が生じているかどうかを、対象物を壊すことなくそのまま調べる技術です。そのため、製造工程での品質管理や使用中の部品の点検や修理、構造物安全確認の際など広く用いられます。具体的には、超音波探傷や浸透探傷や磁粉探傷、放射線探傷や渦電流探傷や超音波厚さ計測などという方法が知られています。検出できる欠陥の種類や大きさや精度などにより使い分けられます。 壊す方法とは異なり対うん象物を壊すことなく欠陥を検出することが特徴であり、製造中や使用中の部品や構造物の品質を維持し安全性を向上させるために欠かせない技術ですが、両者それぞれメリットとデメリットがありますのでよく知っておくことが大切です。非破壊検査は対象物を損傷することなく欠陥を検出できるため、安全性向上に効果的ですが精度が低い場合があり、壊す場合は精度が高いですが、対象物を壊すため再利用ができません。対象物の種類や目的に応じ両者を使い分けたり組み合わせを行うことで、より効果的に検査することが可能になります。

著者:町田佳男

筆者プロフィール

神奈川県横浜市出身の34歳。 地元で非破壊検査の仕事をしています。 ここでは非破壊検査の基礎知識をまとめています。