非破壊検査で信頼性をしっかり担保する

非破壊検査で信頼性をしっかり担保する

非破壊検査は、産業界において品質管理や安全確保に欠かせない技術です。これは対象物を損傷させずに内部の欠陥や異常を検出する手法であり、信頼性の担保に重要な役割を果たしています。 まず第一に製品の耐久性を保証する上で欠かせないものです。橋や航空機、原子力発電所などの重要なインフラストラクチャーを例に取れば、これらの構造物に隠れた欠陥があると、将来的な災害や事故につながる可能性があります。非破壊検査によって、これらの構造物の安全性を確保するための早期発見が可能となります。 製品の品質管理に寄与します。製造業において、製品の品質は顧客満足度や企業の評判に直結します。非破壊検査によって、製品の製造過程や材料における問題点を迅速に検出し、改善することが可能となります。高品質な製品の提供が実現し、企業の競争力を強化することができます。 コスト効率にも貢献します。従来の破壊的な検査方法では、テスト対象物が破壊されるため、再利用ができず、コストがかかります。一方、非破壊検査は対象物を保護しながら検査が行われるため、経済的な利益が生まれます。長期的には、修理や交換のコストを削減できるため、企業の経済的な持続可能性を高めることができます。

非破壊検査は輸送機などを出荷する際に行われることが多い

表面や内部にある傷、欠陥の有無や劣化の状況を調べることを非破壊検査と言いますが、大型の設備機械や製造業における検査の手法として用いられることが多いです。 設備機械などを出荷する際に内部に傷があったり劣化していたら大変なことになるので、問題となる箇所はないと証明するために極めて重要な検査であると言えます。 仮に傷を検出したとしても修繕が必要な箇所のみを補修することができるのでコストもそれほどかかりませんし、廃棄物の排出削減にも繋がるので地球温暖化の対策にもなるという利点もあります。 また飛行機や鉄道のような輸送機にもよく使われていて高い安全性を確保することができますし、石油化学プラントのような大規模なプラント設備でも用いられています。 このように非破壊検査は内部にある傷や劣化の状況などを簡単に調べることができるので、高い安全性を必要とする飛行機や鉄道のような輸送機などの検査を行う際に利用されています。

著者:町田佳男

筆者プロフィール

神奈川県横浜市出身の34歳。 地元で非破壊検査の仕事をしています。 ここでは非破壊検査の基礎知識をまとめています。